木の魅力を最大限に引き出す府中家具|ぬくもりを感じる出来栄え

部屋

日本の気候に最適

ミニチュア家具

家具選びをする際に、長く使っていけるということを重視するのであれば、日本の昔からの製法でつくられている家具を選ぶのがよいでしょう。というのも、日本の昔からの製法でつくられているものというのは、日本の気候をよく考えてつくられているためです。日本の気候の特徴として湿度が高いということが挙げられるのですが、これは家や家具類を傷める原因とされています。この湿度の高さに対応できるようにできているため、長い間使っていくことができるのです。広島県府中市を発祥とする府中家具はこの代表であり、金属の釘を使用することなく作られているというのが特徴です。木を組み合わせただけとは思えない強度で、長く使っていくことができるでしょう。昭和40年代後半に婚礼家具として大人気となり、現代ではその使い心地のよさからじわじわと人気が復活しているのです。府中家具をつくる際の技はそのままに、デザインだけは現代にマッチするように進化を遂げています。木の風合いを大切にするというところに変わりはありませんので、シンプルなお部屋やナチュラルなお部屋には特に馴染みがよいでしょう。また、府中家具は和室に置いても違和感のないデザインであることが多いと言えます。和室でも洋室でも合わせることができますので、引っ越しなどで家の雰囲気が変わったとしても問題ありません。広島では府中家具を取り扱っているインテリアショップがいくつかありますので、好みのものを見つけることができるでしょう。